キーワード検索
検索
ホーム ニュース
進路の日① 各種講演会開催
ニュースNEWS
ニュース:
【トピック】全て
2021
6.7
【進路指導室より】
進路の日① 各種講演会開催
進路の日 6月7日(月)6時間目/7時間目

本日は「進路の日」と題して、各学年ごとに外部の講師の方をお招きするなどして進路講演会等が行われました。

<各学年、類型・コース毎のテーマ>
1学年全コース:「充実した高校生生活を迎えるにあたって」
2学年Ⅰ・Ⅱ類:「志望校選びの第一歩!」
2学年Ⅲ・Ⅳ類:「大学進学を見据えた進路選択に向けて」
2・3学年保育科:「海外の教育現場の実情」
3学年普通科:各クラス毎に設定

◇保育科2・3学年は、本校卒業生であるJICA群馬デスクの宮田峻弥先生を講師に迎えて、「海外の教育現場の実情」というテーマで講演をしていただきました。
宮田先生からはまずガーナをはじめとする発展途上国の教育現場が抱えている様々な問題について、現地の写真も交えながらお話ししていただきました。
また、今後の学校生活において、学習をしっかりすることはもちろん、自分が知らないことを知ろうとする姿勢を持つことや、自分を取り巻く環境に目を向け、学び、考えていくことの重要性を教えていただきました。
今後、保育科の生徒たちが幼児教育者として保育の現場に立った際に様々な文化の違いを実感していく可能性もあるなかで、日本と海外の違いについて学ぶことができた今回の講演は、とても貴重な機会となりました。

講演の様子

ガーナで子どもが水を運ぶ様子を疑似体験

 

 

◇◇2年Ⅰ・Ⅱ類は進研アドの山本講師のもとで、志望校選びのために必要なことを学びました。自分にとって、何をモノサシとして志望校を選ぶのかを考える大変良い機会となりました。
 

〇生徒の感想〇

今日の講話を聞き、改めて自分がどんな大学に行きたいか、そこで何をしたいかが再確認出来た。自分の「モノサシ」がどんなものか、定めるのも少し難しかったが、自分の将来を考えると、何を基準にすればよいかが明白になり、とてもすっきりした。「来年は受験生だ」ということを冒頭で言われ、少しぞっとした。模試や定期テストで、忙しくしている間にも受験はどんどん近づいているということに気付かされ、今から受験生だという意識を持つことが大切だと思った。また、最初のスライドで2年生の一学期からの予定が書かれているものがあり、結構予定がびっしりあって、もう受験は始まっているのだと感じた。夏休みにかけてやることがたくさんあることがわかったので、今からオープンキャンパスに行ったり、自分から行動をしていきたい。(2年Ⅰ類)
過去のニュース

学校法人 群馬育英学園 前橋育英高等学校
〒371-0832 群馬県前橋市朝日が丘町13番地
TEL : 027-251-7087 FAX : 027-251-7094