キーワード検索
検索
ホーム 部活動 運動部
ラグビー部
部活動:運動部CLUB ACTIVITIES
運動部:
ラグビー部
スローガン:
One For All, All For One !
活動概要
スローガン One For All, All For One !
方針 ラグビー部は厳しい練習を通しての人間形成の場。全国大会出場。
文武両道。
練習時間 月曜日~金曜日…16:00~18:00
土日…9:00~11:00 ※土日のいずれかは休み。
練習内容 個人スキル(ハンドリング、ランニング、キック、コンタクトなど)
ユニットスキル(FW[スクラム、ラインアウトなど]、
BK[サインプレイなど] アタックシェイプなど )
チームスキル(シークエンスを絡めたキャプテンズラン。)
合言葉は「狭く、厚く、そして広く」
進路先
大学、専門学校、就職
主な実績
平成27年度
平成27年度 県高等学校ラグビーフットボール7人制大会 3位
県高校総体(7人制の部) 優勝
平成26年度
平成26年度 県高等学校ラグビーフットボール選手権大会 5位
平成25年度
平成25年度 県高校総体 7人制の部 3位
県新人戦(15人制) ベスト8
スケジュール
5月 県高校総体
7月 夏合宿
8月 夏合宿
9月 1年生大会
10月 全国高校ラグビー県予選
11月 全国高校ラグビー県予選
1月 県新人戦
3月 7人制大会・前橋市民大会
その他
15人制の試合に出場できるよう、いつでも入部大歓迎。 トップリーガーによる特別指導あり。
ブログ「前橋育英ラグビー伝説」 http://maebashiikueirugby.blog.fc2.com
最新活動レポート
2019
2.11
【ラグビー部】
人権講話 2/10(日)
2月10日(日)本校視聴覚室で、聴覚障がい者である大塚貴之さんの人権講話が行われました。
大塚さんは、下のプロフィールにもあるように、デフラグビー(聴覚障がい者のラグビー)で日本代表主将を務めた経験もある方です。

<プロフィール>

大塚 貴之(おおつか たかゆき)
1992年5月30日生まれ
小学4年のとき学校のクラブであるタグラグビーと出会い、中学から『ぶんごヤングラガーズ』でラグビーを本格的に始める。
生まれつき耳が聞こえないながらも大分雄城台高校ラグビー部ではキャプテンを務め、帝京大学ラグビー部、六甲クラブとラグビーを続けた。2018年デフラグビー(聴覚障がい者のラグビー)世界大会では日本代表キャプテンを務めた。
現在は、デフラグビーの普及・強化活動に取り組んでいる。

大塚さんは、手話や唇の動きを読みながらコミュニケーションをとっていると説明し、「コンプレックスも武器にして、自分の個性に変えることができれば大きな力になる」とお話しして下さいました。






《生徒の感想》
大塚貴之さんの講話ではコミュ二ケーションについてお話しをしてもらいました、講話では、ラグビーを始めたきっかけや、高校、大学でのラグビーで培った、コミュ二ケーション能力について、お話を聞かせて頂きました。
一人ひとりと、話し合うことや、共有することで、難聴の壁も関係なくプレイすることが出来ると聴いて、僕はまだまだ、みんなと話し合う力が不足していると感じました。
今後は、しっかりと話し合い、プレイ中でも、コミュ二ケーションを取り、仲間と共通理解をとれるようにしていきたいと思いました。
1年 戸井郁也



ラグビー部はこの講話の後、グラウンドにてコーチングを受けました。生徒にとって貴重な経験となりました。
学校法人 群馬育英学園 前橋育英高等学校
〒371-0832 群馬県前橋市朝日が丘町13番地
TEL : 027-251-7087 FAX : 027-251-7094